2015年11月の記事 (1/1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブロッコリー、花が咲いた

IMGP5254.jpg
11月の暖かさのせい? ブロッコリーの花があちこちで咲き出す=今年は9月の定植後、すこぶる成長がいい。しかし、花が咲いてしまってはどうしようもない。早すぎる! おまけにミツバチがやってきては蜜を吸っていた。昨年はこの時期まだまだ蕾もなく、成長も遅かったが・・・。防虫ネットしただけでも温度が上がるので、冬越ししながら成長とはならず、一気に咲いたのだろうか。同時期に定植したキャベツは葉が順調に撒いてきたが、とう立ちしてはいない。ブロッコリーはあちこちの畝で咲いており、たぶん天候が影響したのだと思う。これからは寒くなると予報があったので、脇芽の成長に期待しよう。
スポンサーサイト

リンゴに異変?ピンクの花が

●リンゴ(津軽)に花が咲いた
IMGP5245.jpg
11月になっても暖かい日が続いたせいなのか、一か所で数輪花が地味に咲いた。葉もほとんど落ち、そろそろ冬支度だろうに、どうしたのだろうか。まさか実をつけはしないと思うがどうなってしまうのかこれから楽しみだ。年を越すと枝打ち作業、肥料やりをこなして、春の彼岸が過ぎれば一気に葉がつきだし、花が咲く。野菜とはまた違った楽しみがある。来年はいっぱい実をつけてくれ!

玉葱の定植が無事終了

●超極早生~極早生~中生~晩生まで順に植え付る
IMGP5242.jpg
今年は苗床を分散したせいか、出来栄えにムラが出た。でかすぎるやつ、ちょうどいいやつ、小さめ、肥料切れで黄色いやつなど様々。10月末から雨が降る前日かその後日を狙って移植作業に励んだ。1列に4~5本並びで1畝300本前後×8畝で約2400本となった。しゃがんでの地道な作業は腰が痛くなるがぐっと耐えた。「玉葱ぐらいしっかりと大きなやつを作って」とお叱りの言葉がここ数年。言い返す言葉はない。日々の暮らしで必要不可欠。今年は絶対自慢できるやつをつくったる、との思いがある。しかし本番はこれからだ。マルチをしないので草取りをさぼったり、肥切れを起こしたりすればまともなやつはできないだろう。地道に観察ができるかだ。苦手意識を克服し、頑張ろう。
●数年ぶりに耕運機が活躍
IMGP5237.jpg
キャベツの苗を植え付ける予定の畝2か所を耕すため、2年ぶりぐらいに耕運機を使った。ハウス内でややさび付いた感が否めないかわいそうな道具となっていたので、ここはめんどうがらずに取り出して使うことに決めた。エンジンの始動が心配だったけど、あっさり動くあたり、さすが日本製と感じる。当の畝は雑草が生い茂る中、一気に耕し始めたところ、雑草がすぐにからみつき作業が捗らない。そういえば昔もそういうことがあったと思いおこしながら手で抜き取っては再スタート。しかしまた雑草がからまる繰り返しでなかなか作業が進まなかった。土も固く飛び跳ねるような感じでうまく耕運できない。何度も往復するうちにやっと柔らかくなった。二か所目の畝はこれにこりて、鎌で除草後にスタート。なんと快適な耕運だ。小さな機械の割にパワーはあり、体がもっていかれそうになるところをぐっと踏ん張って深く耕すのがコツだ。一度こうやって耕しておけば、ぐっと柔らかくなることだろう。苗を植えてから雑草を株間に戻しておけばさらにふっくらした土になっていくはずだ。

ミカンに続きオレンジも色づいてきたぞ

●ミカンの木
IMGP5233.jpg
●オレンジの木
IMGP5230.jpg
早生系みかんが順に食べごろとなってきた。同じ温州(宮川)でも少しずつ色づく時期が違うため販売には都合がいい。今年は隔年結果の裏年にあたり、数が少なく大粒傾向だ。ほんとうは小粒の方がさらにコクが増し、お客さんに好まれるので、この現象を少なくしたい。ところで地主さんから受け継いだ写真㊦のオレンジの木。2本あり、昨年までの5年間はずっと大粒で数が少なかったのに、今年はなぜか鈴なりで小ぶりとなった。ようやく色づき始めたばかりなのであとひと月はおいた方が甘みは出るだろう。色もオレンジ色でミカンとは一味違った酸味があり、こちらも人気がある。しっかり熟すとどんな味になるのか楽しみだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。