スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏野菜の育苗経過

●ばらつく発芽 特に自家採種は・・・
IMGP5351.jpg
IMGP5350.jpg
IMGP5354.jpg
IMGP5353.jpg
写真①=自家採種した㊨シンクロナス㊥ピーマンあきの㊧紫ししとう。ちょうど1か月前に播種したにも関わらずナスは1本しか発芽していない。ピーマンは見事に発芽、ししとうもまずまずだ。自家採種でもこうも差が出るのはなぜだろうか。種の採種時期が一番あげられると思う。保管は暗い納戸で紙袋にいれていたので、問題はない。再度ナスを播種したが、なかなか発芽してこないので新たに購入して撒いたら意外とすんなり発芽してきたではないか。自家採種はしっかり種採りのノウハウを究めることが大切だ。交雑はもちろん、種を採取するタイミングや性質がいいものを種用にすることもそうだ。写真②=トマトでも何種類か自家採種したが発芽に差が出ている。同じように採種のタイミングや作業でやったつもりだが全く発芽しないもの1種類ある。自家採種向きとそうでない品種があるのか?不明。写真③=トウモロコシは自家採種、写真④=枝豆は購入分だが双方ともよく発芽した。まだまだ種の謎は深まるばかりだ。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。