スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

じゃがいもの実発見

●これはミニトマト?
IMGP5490.jpg
じゃがいもを収穫しようと、キタアカリの畝に近づいたところ、思わぬ実があることを発見した=写真㊤。よくみるとミニトマトぐらいで5~6個房成状態だ。うーん。ほかはどうかとみてみると同様に至るところについているではないか。5年余りもやってて初めて見る光景。この現象が理解できないので、帰ってから調べてみた。すると品種によって実がつくと書かれている。花が咲いたあと実がつく、ごく普通に見られるナス科の現象のようだ。ふだん芋にしか関心がないため、白やピンクの花が咲いてもあまり花への知識、関心が正直なかった。そこで本題。この実が熟すと中にナスのような種がつき、その種をまくと発芽し、成長していくという。ただし受粉、交配する過程で他品種と混ざる可能性もあり、もとの品種特性が現れるかわからないようだ。逆に言えば新品種誕生の可能性もあり、ということらしい。種採りをして来年は本来の姿を観察してみるのもいいかもしれない。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。